管楽器のリペアマンというお仕事

服部管楽器社長の服部さとしが管楽器の修理や日常を紹介します!

【スポンサーリンク】

ピッコロ修理は大変

岡山県岡山市にある楽器店 服部管楽器の服部です!

毎日管楽器の修理をしております!

わたし、昭和57年生まれ。37歳。
楽器修理歴はもうすぐ20年になろうとしています。


で、この歳になって、強く思うのですが、
木管楽器修理で最も大変なのはピッコロではないか説を唱えます。

しかも使い込んだピッコロ。
さらに、大きな声では言えませんが、海外メーカー。

 

もう大変!もう大変!

 

画像はイメージ

f:id:SatoshiHattori:20190419131048j:plain


何が大変って、管体が膨張と収縮を繰り返すことで、
トーンホールが波打つんですよ。しかも急激に。
まず、これを修正せねばなりません。

そこまではクラリネットも同じなので、たいして特別な事ではないのですが・・・

キーのガタが半端じゃなく大きくて!

ガタというと、キーの摩耗により発生するイメージですが、
管体の成長も伴って、とんでもなく大きいガタつきが発生します。

縦ガタ、横ガタ。つまりキーが保持されないんですね。
となると、全てのキーのガタを修正するところからはじめないといけません。

で、ガタを取るという内容は全ての木管楽器でやる作業なんですが、、、

とにかく神経質。
小さい楽器、弱いバネです。
ごくわずかなガタつきでも、ダメージは甚大です。
ノックピン抜くのもひと手間ですし。

ぐう、思い出しても大変・・・。

ですが、それでも良い状態にしなければ我々がいる意味がありませんね!!
良く調整されたピッコロはストレスなく、いい演奏ができます!
しっかりやらせていただきますので安心してお任せください!!


私、意外とフルート歴が20年を突破しました。
フルートとピッコロが吹けて良かったと実感しております。
修理に大いに役立っております。
やっててよかった。

それでは引き続きがんばります!

管楽器の修理は服部管楽器へどうぞ^^

岡山県岡山市北区表町3-5-32
服部管楽器
info@kanngakki.jp